全米を代表するBig Bass Lake !! “ファルコン・レイク”





とうとう来ました、念願のビッグバスフィールド・・・

テキサス州とメキシコ国境をまたぐ、ファルコン・レイク!!

今回は、ファルコンの有名ガイド”ジム”に同船しました。

アメリカのビッグバスレイクと言えば、このファルコンを思い出す方も多かと思います。10lbオーバーがフルボッコで釣れていた数年前のフィーバーにより人的プレッシャーが激増、現在は少し落ち着きを取り戻しているそうです。

6:00 早速ランチサイトを飛び出し15分ほど走る。

ここはメキシコ側に位置する、少し沖目のエリア。

猛暑の8月はこのモーニングバイトがデカバスに出会うチャンスです。

水深は約3.5~4mで、レッジの絡むエリア。

ボトムには無数のティンバーが複雑に立ち並びます。

こちらはジムのメインタックル。

スピナーベイト3/4oz(左)、オチョ5incのテキサスリグ1/2oz(右)。

ボトムのティンバー攻略のため、スナッグレスを重視したセットです。

こちらは、ヤマセンコー5incのテキサスリグに出た1本。

ボトムをズルズル引いて、ティンバーに絡んだらシェイク。

黄金に輝くファルコンバス!!これまた引きは最高ですね♪♪

ちなみにフロロ20lbが立木に擦れてザラザラに。怖ぇ。。。

9:00 日が上がると次はシャローへ移動。

フリッピングでカバーにタイトに着くバスを狙います。

それにしても、常に”ビル・ダンス”スタイルのジムが気になる。苦笑

フラッピンホッグのテキサスリグ1/2oz。

これで、無限に立ち並ぶティンバーを撃っていきます。

なかなかサイズは上がりませんが、数釣りが楽しめました。

いかにゴージャスなカバーにタイトにルアーを入れられるか。

これがバイトのカギを握っていました。いつでもアメリカはシンプル。

テキサスのアングラーは、みーんなコレを使ってました。

バイトが減ってきたら、色と臭いに変化を付けて誘い出します。

だから、みーんなカーペットが汚れていると言う。。。苦笑

12:00 次の目的地を目指すため、ここでストップフィッシング。

朝一はデカイバスが出る匂いがプンプンして興奮度MAXでした。

しかし、この時期は暑過ぎて、日中はシビアでしたねぇ。。。

次回は、ディープクランクをゴリ巻きのシーズンにリベンジしたいですね。

最後にジム、色々とお世話になりました。ありがとね!!

トールゥ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です