Rick Clunn リック・クランとのプラクティス(2017 U.S.Open)

イチカワフィッシングUSAの契約プロスタッフである、

Rick Clunn リック・クランとプラクティスへ!!

イチカワ製品の湖上ミーティングでもあります。

もはや説明不要、バスプロ界の生きる伝説。

バスマスタークラシックの優勝は、最多タイの4回。

御年70歳を超えても現役のエリートプロとして活躍中です。

とにかく驚いたのが、ファストムビングでの

キャスティングの精度とリーリングの正確さ。

そして、神のリーリングは驚くほど速かった!!

今回、メインで使っていたディープクランク。

こちらにシグネチャーモデルのトレブルフック、

“RC KAMAKIRI #1″を載せていました。

日本の感覚でいくと、2サイズぐらい大きい。

プラクティスでリックと同じことをしても仕方ないので、

Toruはちょっと弱めのクランクをチョイス。

リックのバックシートで、ディープタイニーNですよ。

いやぁ~リックファンの自分には感慨深いですね。。。

と思ってたら、やっべー釣れた!!

しかも、フォトグラファー by リック。贅沢すぎるわ。。。

日本のリックファンの皆さん。本当にごめんなさい!苦笑

フックはもちろん リックシグネチャーの”RC KAMAKIRI”。

フロント#6、リア#4のまさにリック仕様。

この感動、分かる人には分かるはずです。

やはりレベルの高いアングラーに共通して言えるのが、

無駄な動きが一切ない。動作がシンプルで美しい。

これは、過去にジェイ・イエラスやベン・マツブなどの

一流アングラーと同船した時と共通の感想でした。

そのために重要な事は、事前の準備。

リックも慌てずゆっくり丁寧に、出艇前の確認と

帰着後の片付けを行っていました。

本当に釣りが上手い人は、釣りの最中だけではなく、

釣りに関する全ての動きが美しい。

『オイ、トールゥ!そのキャップイイな。ちょっと貸せよ。』

ってことで、かなり気に入ってくれたようです。

それにしても、とっても似合ってますね!!

終始笑顔で、優しく、茶目っ気たっぷりのリック。

そこにトーナメント時の無骨なイメージは全くありません。

そして今回の貴重な経験は、イチカワの新製品に反映していきます。

また楽しみにしておいてください!!

TORU