サンディエゴ釣り修行②!”Dixon Lake ディクソン・レイク”

いざ、世界有数のビッグバスレイクへ挑戦・・・

見てください!この黄金に輝くフロリダバスを!!!

14:00 今回はレンタルボートで、いざディクソン・レイクへ!!

ボートはハンドコンとアンカーのみ。小さなレイクなので十分でした。

ビッグベイト、スピンテール、フットボール、ドロップショットを用意。

前回のオタイ・レイク釣行で、なんとなく雰囲気は掴めていた。

時期的に今回はシャローは捨てて、ブレイク周辺に絞ることに。

奥にシャローフラットのバンクがあるエリア。

3mから6mぐらいに落ち込むブレイクをスピンテールで流す。

ボトムにはフサモのようなウィードがぎっしり生えていた。

幸先よく、約1時間でこのサイズを5本ほどキャッチ!!

ウィードに軽くのせて置いて、外した瞬間にバイトが連発。

こちらはダムサイト。ブイの際を探るも反応なし。。。

ビッグベイトも投入したが不発。。。

分かっているのは、魚の食うタイミングがハッキリしていること。

バスがシャッドを追い出し、水面がにぎやかに。

ここで、一等地に見える岬上の地形に小さなバンクを持つエリアへ。

このバンク手前のブレイクにスピンテールジグを入れると、、、

フォールさせ着底後にバイト!!これが念願の5パウンダー。

ここ最近のBiggestが6lbだから、こりゃ上出来でしょう!?

Rod : Zenaq Blackart 68MH
Reel : Daiwa Zillion TWS 7.3:1
Line : Sunline FC Sniper 12lb
Lure : Spintail Jig 1/2oz

ウィードへのコンタクト、細かくほぐして外れた後の一瞬のバイト。この操作性と感度が要求される釣りに貢献してくれたBLACKART。絶対感度です。

春になれば、スーパービッグがシャローに上がってきます。そのタイミングで、スタッフ同行ツアーを決行したいと思います。

ビッグバスハンターの皆さん、心の準備しておいてくださいね♪

トールゥ