地獄のティンバー群を攻略!レイク・フォーク





 

本日は、Big Bassの聖地であるテキサス州レイク・フォークへ!!

今回はGYCBのジムにお願いして、半日だけボートを出してもらうことに

8:00 レイク・フォークへ出発。途中、タックルショップでフィッシングライセンスを購入する。

スタッフの話によると、急激な冷え込みにより、かなりシビアな状況になっているとのこと。前日の最高気温は25℃、そして只今の気温なんと0℃!うーん、前回のような悪夢が甦ってきた・・・・。


より大きな地図で Lake Fork を表示 

『レイク・フォーク』
面積:27.264 acres (約110km2) ※河口湖:約6.1km2
最深部:70 ft (約21m) ※河口湖:約15m
魚種:ラージ、クラッピー、キャットフィッシュなど

 『ビッグフィッシュの聖地』として認知され、全米でも人気の高いレイクフォーク。 その理由は、テキサス州が世界記録のランカーバス育成を目指しており、 バスが大きく育つ環境を作りあげている。
 レイク・フォークの魅力と言えば、永遠と立ち並ぶティンバー群。そのほかにもコーブ内はグラスカバーが豊富でシャローゲームも面白い。サーフェイスからディープまで、パワーフィッシングからフィネスまで、年間を通して色んな釣りを楽しめるのがフォークの醍醐味だ。

9:00 ボートを降ろし、いざレイク・フォーク釣行スタート!!

ボートを北上させ、着いたのはティンバー群が無数に広がるエリア。水深は、10ft前後。立ち木やレイダウン、ブラッシュパイルなどについた魚をテキサスリグで探っていきます。

強風の中、フロントでエレキを踏むジム。永遠とそびえ立つティンバーの合間を勇敢にも潜り抜けていきます。カッコイイ~!!

10:30 なかなか反応を得られないまま、いったん場所を見切り、ウィードの絡むエリアへ移動。

水深は、約15ft。あたり一体がウィードで覆われている。
12月でもこんなにウィードが残っているのに驚いた。。。

濃いウィードが絡むティンバーを見つけて、丁寧に、丁寧に探っていく。しかし、反応が得られない。とにかく寒くて、ロッドに伝わる感覚がほとんどない。あぁ~ブルブル。。。

『トールゥ、どうする?』の問いに、寒さのあまりちょっと戸惑う。。。

しかし、『手ぶらでは帰れんぞ!』ということで、ラストチャンスをリクエスト!!

ワンド手前のブレイク(約10ft)に立ち並ぶティンバーエリア。ここでも、テキサスリグで無数の立ち木を1本1本丁寧に打っていく。

ジムも笑っていますが顔が引きつってます。。。笑

12:30 周辺よりもちょっとゴージャスな立ち木を発見。

すかさず打つと、フォール中にコツッ!

しかし、バイトかは不明。再度、入れ直してみると・・・

待ちに待ったこの瞬間っ!!

フォークのバスは超元気!!立ち木に巻かれないように素早くランディング・・・・

念願のフォークバスをゲット!サイズは50cmの5lbクラス。

本当によく引きましたぁ!もう気分は最高っ!!!

今回のタックルセッティングはこちら。危険な立ち木まわりで魚を素早く引き寄せるには、『超ハイギア+PE』の組み合わせが役に立った。

ロッド:BL-PF731HFB
リール:メタニウムXG
ライン:バス・スーパーPE 56lb
ルアー:フラッピン・ホッグ・ラージ(ウォーターメロン/ブラック&スモールレッドフレーク)+シンカー1/4oz

見てください、この二人のドヤ顔。

『これで帰れるな!』って感じ。笑

13:00 ストップフィッシング!

ホテルへ帰る途中、レストランでランチをいただくことに。

店内は、いかにもアメリカンな可愛らしい雰囲気。しかも窓の外は、レイク・フォーク・ビュー!!

超巨大なオムレツの下には、ハッシュドポテトが敷き詰められたいた!ソースと絡めて食べると、これが美味い!!おそらく釣れたから美味いのでしょうね。笑

今回は、私のワガママに付き合ってくれたジム。

本当に感謝!!!ありがとう!!!!!

トールゥ