琵琶湖オカッパリへ。

img_3273

昨日の雨で水位&濁りアップ。

水路をチェックするとナイスバスを発見。

しかも、ボトムのベイトを荒食いしている!!

ただ、何をやっても反応なし・・・

img_3278

サイトはあきらめて、魚が戻ってきそうなカバーをチェック。

先回りして、バスが付きそうなスポットへテキサスリグを入れると、、、

img_3257

瞬殺!!!

まいちゃったね。たまんないね。まぁ、偶然ですが。苦笑

このポイントだけは、濁りの影響が少なかったんですよね。






img_3275

ロッド:ZENAQ / BLACKART B3.5-68 Bottom Sensor

リール:ベイトリール 7.3:1

ライン:フロロカーボン 14lb

ルアー:Lake Fork Trophy Lures / Baby Hyper Freak

フック:ICHIKAWA FISHING / TG1 #1/0

とにかく掛かって刺さる、ナローゲイプのオフセットフック”TG1”。

問題はその細軸の耐久性。てことで、数ヶ月前から負担のかかりやすいテキサスリグでチェックしていました。

img_3272

ちなみに今回撃ったカバーはこんな感じ。

あのサイズの魚をこのカバーから抜き出しました。

img_3282

自宅に戻り、使ったフックをチェックすると破損や変形は全くなし。

ロッドにしっかりと重みを乗せて、初速を少し落としてスイープに合わせれば、このフックが曲がることはそう簡単には起こりえないです。

あわせのコツさえ掴めれば、細軸によるササリの良さから確実に手に出来る魚は増えると感じてます。

まだ使ったことがない方は、ぜひナローゲイプのオフセットフック”TG1”を体感してみてください。

~ 完 ~