昨日の琵琶湖オカッパリ釣行、、、

 

昼過ぎは雨と風がきつくて荒れ模様。とにかく巻き倒しでラン&ガン!

ここじゃねぇの?と良さげな場所を思い出して向かうも、突然ベタ凪に。

こりゃ、いつもの完全やっちまうパターンか。。。

帰るか迷ったが、とりあえず風が吹くまでテキサスでも投げとくかと。

ボトムをネチネチ。ん?コリコリしててウィードを感じるピンを発見。怪しい。

ひたすら狙い撃ち!何度もキャストを繰り返すこと、7投目ぐらい、、、、、、、

17:15 エラいのんおったわ。。。。。

普段、自分が獲る魚じゃないんだけど。





4.25kg(≒9lb6oz)!!って、いやぁ惜しい。。。

つか、次は5㎏オーバー狙うか。アメリカ人の鼻をへし折ってやる。笑

いつも、いつも、琵琶湖の恵みに感謝!!です。

来年はもっとデッカくなって帰ってこいよぉ~。

ロッド:ZENAQ / BLACKART B3.5-68 Bottom Sensor

リール:ベイトリール 9.1:1

ライン:フロロカーボン 14lb

ルアー:Lake Fork Trophy Lures / Hyper Freak (Watermelon Red)

フック:ICHIKAWA FISHING / TG1 #2/0

シンカー:タングステン 1/4oz

今日の一本は、間違いなくロッドのおかげ。あの微妙なボトムの変化を瞬時に察知。

そして、そこへ投げ続けられる自信を与えてくれた。それ大事。

そして、昨年から投入して実績を残しているこのセッティング。

扁平ボディの”ハイパーフリーク”&ナローゲイプのオフセットフック”TG1″。

針先が若干外向きで、なめらかなPTFEコーティング。細軸でヤバいほど掛かる。

そして、4kgオーバーにも余裕で耐えられることを証明できた。

もしちょい沖のテキサスでフッキングミスが多発したら思い出してみてください。

そして、まだまだTORUの琵琶湖オカッパリは続く。。。

~ 完 ~