ミズーリ州テーブルロックレイクにてセントラルオープン初戦がスタート。

1w4a6450_0

(C)Bassmaster

テーブルロックは、オザークマウンテン系のハイランドリザーバーで水質はクリア~ステイン。

ロックハンプやポイント、ワンド、リバーチャネル、立木などが攻略の対象。

テーブルロックと言えば、ウィグルワートを使ったクランキングパターンが有名ですが、

今回は3月に入ってもまだまだ水温は上がらずといった感じ。。。

img_2808t

(C)Bassmaster

近年、ハイレベルな争いになっているオープン戦。

今回も200名近い選手がエントリーしており、エリート枠上位5名は狭き門。

上記は左から、ステイシー・キング、トミー・マーティン、そしてリック・クラン。

往年のレジェンドが集結し、見どころ満載ですね。

そして、最終結果はコチラ、、、、、、、、

IMG_3875

エリートプロのマイク・マクレランド選手が、最終日に逆転優勝!!

なんと今回でB.A.S.S.戦8勝目。地味に強い。。。





1w4a5375

(C)Bassmaster

記事によると、水深7.5-9.5mの立木エリアをアンダースピンジグ1/4ozで狙い、

もう少し浅いレンジでは、ジャークベイトやクランクベイトで拾っていたとのこと。

IMG_3876

ちなみに彼は、テーブルロックからほど近いベラビスタ在住のローカル選手なんですが、

過去にマクレランドが出場したテーブルロック戦を調べてみると恐ろしことが判明。。。

2017 Central Open 1st $53,991

2015 Central Open 24th $2,800

2014 Elite 1st $103,500

2012 Central Open 29th $2,352

2006 Elite 15th $18,400

2005 Tour 46th $2,350

2004 Tour 18th $4,900

2001 Central Invitational 25th $1,900

2000 Central Invitational 2nd $27,000

1999 Central Invitational 19th $2,000

1997 Central Invitational 33th $1,700

(参考資料:Bassmaster.com)

McClelland_Mike

(C)Bassmaster

なんと、11戦中2勝!!しかも全試合で賞金獲得!!!

テーブルロックで一度も外さない男。こりゃ、もう”テーブロックキング”だよ。

一度でいいからマクレランドと一緒にテーブルロックで釣りしてみたいですね。。。

フィッシュトリップでガイドやってくれんかな??笑

そして、、、、、、

rick-clunn-img_7118

(C)Bassmaster

Team ICHIKAWAのリック・クランは、最終日に順位を上げ8位でフィニッシュ。

ちなみにステイシー・キングも13位入賞とレジェンド組が大活躍した模様です。

どうやって釣ってきたのかが気になるところ。とにかくおめでとうございます!!

1w4a6432_0

(C)Bassmaster

今までは、個人的にちょっと地味で覚えにくい選手でしたが、、、

”テーブルロックキング”=マイク・マクレランド。

はい、完璧に覚えましたね!!てか、そんな奴は俺だけかぁ。。。

~ 完 ~