ここは、フロリダ州オーランド近郊にあるレイク・トホぺカリガ。

IMG_3526.JPG

このレイク・トホ・マリーナで、ある方と待ち合わせ。

それにしても、美しいマリーナ。高級リゾートのヨットハーバーかと思いました。。。

IMG_3541.JPG

今回の釣行を案内してくれるのは、北嶋一輝さん。お会いするのは、これで2回目。

Bassmaster Southen Open で活躍する、フロリダ在住のアングラーです。

北嶋さんと言えば、このCMですよね。もはや説明不要でしょう。

なんにもな~い、なんにもな~い、全くなんにもな~い♪

IMG_3540.JPG

16:30 夕暮れまでのトホぺカリガ釣行がスタート。

ここ最近は、なかなか納得のいくサイズが釣れていないんだとか。

IMG_3546.JPG

ひとまず、沖のウィードフラットをスイムジグで流していきます。

IMG_3543.JPG

ちなみに北嶋さんのタックルは4本。

こちらは、スイムジグ用とチャーター用の2本。ラインはフロロ18lbを使用。

IMG_3545.JPG

また、こちらの2本はフロッグ用とフリップ用。

ラインはPE56lb。フリップのシンカーは3/4ozを使用。

IMG_3575.JPG

一見なんの変化も無い景色。

しかし、この中のわずかな変化を見つけてフリップで打っていきます。

IMG_3576.JPG

これぞフロリダ!!と言った、美しい景色が広がります。

バックシートでのんびり写真撮影。すると、、、




IMG_3562.JPG

葦際からブチ抜いたのは、なんとも巨大なフロリダバス!!

そのフッキングは凄まじい早さで、ロッドはバットから美しい弧を描いていた。

IMG_3566.JPG

そのサイズ、なんと63cmの8lbオーバー!!!

このおクチを見てもらえば、お分かりですよね!?

IMG_3577.JPG

日が沈み風が出てきたところで、フロッグを投入。

これまた堪らないシチュエーションですよね。。。

IMG_3583.JPG

19:30 ここで日が落ち、ストップフィッシング。

いつも日本から来たアングラーとは、日の出から日没まで一緒に釣りをされているそうです。

IMG_3586.JPG

今回は、忙しい合間に時間を作ってくれた北嶋さんに感謝です。

そして、ダイナミックなシャローフィッシングを楽しむなら、やっぱりフロリダでしょう!!

皆さんも是非、本場アメリカのバスフィッシングを体感してみてはいかがでしょうか!?

【ツアー情報】レイク・トホペカリガに挑む!フロリダ州オーランドの旅

~ 完 ~