エリート第4戦の舞台となるレイク・ハバスをちょっと調べてみた♪


(C)Bassmaster

中心部のレイクハバスシティはこんな感じ。リゾート地ですね♪

アリゾナAZとカリフォルニアCAの州境にあり、北から流れるコロラドリバーはUSオープン開催地であるレイク・ミードと繋がっています。

面積は100,390エーカーで、河口湖の約68倍にもなります。

美しい風景は街の一部で、全体は灼熱の砂漠で覆われている。


(C)Bassmaster

5月の平均気温は、なんと最高36℃の最低20℃!

また40℃を超える日もあるそうです!!

朝夕の寒暖差が激しいのは、レイク・ミードと一緒。

とにかく灼熱地獄!乾燥してるので汗をかいてもすぐ乾く。

だから汗をかいてることに気付かないんですよ。

気付いた時には、熱中症でアウト!!ってことも。。。

こまめな水分補給が必要で、日焼け対策はマストです。




こちらは昨年のUSオープンでのワンシーン。えっ、もういい!?苦笑

過酷なフィールドですが、やり終えた後は最高に気持ちいいんですよ♪♪


(C)Bassmaster

対象魚は、ラージとスモールマウス。

こちらもUSオープン同様、いかにコンディションの良いラージを獲れるかに掛かってくるはずです!!

ただほとんど支流がなく、上下流域でのバッティングが気になるところ。

雨貝さんのよくおっしゃる、『政治力』ってやつですね・・・。

(C)Bassmaster

いよいよ、日本時間の5/7(木)22時15分スタートです♪

日本からしっかり応援しましょう!!ファイト~!!!

~ 完 ~