レイク・フォークに来たら、どうしても行きたいタックルショップがあった。

DSC03647.JPGDSC03648.JPG

その名は、ジョー・スペーツの『ザ・タックルファクトリー』。

近年のビッグスプーン・ブームのさきがけとなった『フラッター・スプーン』が生まれたお店だ。

Basserの記事を読んで4年弱が経過。私は『あのジョーさんは元気なのか?』を確かめるべく、

レイク・フォークのほとりにある『ザ・タックルファクトリー』へ車を走らせた。

DSC02791.JPG

レイク・フォーク・マリーナから南下して約5分。

すると、小さいタックルショップを発見!!

DSC02793.JPG

店内にはいると、壁一面にギッシリと光り輝くフラッタースプーンが!!

すると、奥から人影が・・・・『やぁ、こんにちは。』

DSC02796.JPG

こっ、これは、ジョーご本人!!お元気そうで、よかったぁ~!!!

まず、ジョーに例の記事を見せ、『あなたは、日本でも有名人ですよ!!』と伝えると、

恥ずかしそうに『いやいや、そういってもらえると嬉しいよ。』と答えてくれた。




DSC02795.JPG

ジョー自身がレイク・フォークへ出ることはほんとんど無くなったが、

昔と変わらず、この工房で『フラッター・スプーン』を作り続けているそうだ。

DSC02794.JPG

現在、手がけている商品は、スピナーベイト、バズベイト、ジグやテールスピンジグなど。

壁一面にウエイト別、カラー別にきれいに並べられていた。見ているだけで、気持ちいい。

DSC02792.JPG

そして、お目当てはコレ!ジョー・スペーツの『ビッグジョー・フラッター・スプーン』!!

みなさん、ありましたよぉ~。これは感動です、感動の対面です。。。。キラっ、キラっ!!

DSC03649.JPG

ジョーさんにオススメを聞くと、『このカラーが定番で人気があるよ』とのことで即ゲット!!

これは釣り仲間の土産にとっても喜ばれるし、渡す側としても鼻が高い!!!(笑)

最後にジョーへずっと気がかりだったことを質問してみた。

このBasserの記事の中で、『彼は本気でリタイヤを考えている。』とあった。

そのことに対して彼は、『ここまで来たから地道にやっていくよ。』と。

DSC02797.JPG

想い焦がれた場所や人と出会うことは、一生忘れられない思い出となります。

みなさんもフォークに来られた際は、ザ・タックルファクトリーへ足を運んでみてください!!

【ツアー情報】レイク・フォークに挑む!テキサス州ダラスの旅

~ 完 ~