いよいよバスアングラーの楽園、『スゴイ・ロッジ』でフィッシングへ!!

DSC01518.JPG

ここでスゴイ・ロッジ内にある、『ゲーリー・ポンド』をご紹介します。


より大きな地図で スゴイロッジ(ブログ用) を表示

ゲーリー・ポンド

 設計&制作者は、バスプロのゲーリー・ヤマモト。レイクは2つあり、ロッジから見て『奥の小さい湖』は、細長い皿池のような形。また『手前の大きな湖』は、ティンバーやレイダウンなどのウッド系、ショアラインにはグラス系のカバーが豊富。その他、ボートドックや桟橋などのマンメイド、また島やシャローフラット、ブレイク、インターセクション、コーブやインレットなどの変化が随所に見られる。バスフィッシングの基礎が学べる、まさに教科書のようなレイクだ。

DSC01333.JPG

5:30 アングラーは私一人の貸切です。超ラッキー♪♪

まずは、『手前の大きな湖』から攻めてみることに。

DSC01485.JPG

ショアラインにはグラスが豊富。ここは、シャロークランクで流して行きます。

足元はキレイに整備されているので歩きやすい。

DSC01490.JPG DSC01491.JPG

小さな流れ込みにキャスト。すると、初バイト!!

しかし、ジャンプ一番であっけなくブレイク。50cmはありました。

DSC01504.JPG

気を取り直して、再度ショアラインを流していきます。

すると、コン!と来ました・・・

DSC01498.JPG DSC01500.JPG

嬉しいファーストフィッシュをゲット!!

サイズは、30cm前後といったところ。ヒットルアーは、、、

DSC02588.JPG

ボマーのクランクベイト、スクエアA!!

ブリブリとよく動いてくれて、丸っこくて可愛い奴です。

DSC01509.JPG

いたるところにティンバーやレイダウンが見えます。

ワクワク!ドキドキ!!ここは、カバークランキング・・・

DSC01514.JPG

はい、またも元気なバスちゃんをゲット!!

自信をつけるには最高です。うまくなった気がします。笑




DSC01519.JPG

レイクの真ん中には、小さな島があり、橋が架かっている。水深は約4ftほどの場所。

DSC01531.JPG DSC01524.JPG

ショアラインに沿って、シャロークランクをキャスト。

グラスの下から、元気なバスが飛び出すのが見えました。

DSC01540.JPG

いやぁ~、最高のフィッシングライフ!なんて言いながら、ラインを結びなおしていると、

『オーイ!調子はどうだい!?』とスタッフのジム。

DSC01528.JPG DSC01527.JPG

朝早いのにわざわざタックルを持って、一緒に釣りをしに来てくれたのだ。

『つい最近、奥の小さな湖で8lbオーバーが釣れたし、10lbオーバーもいるぞ。』

DSC01520.JPG

俄然やる気をいただき、早速その場所へ向かってみる。

DSC01533.JPG

ルン♪ ルン♪ ルン♪

DSC01546.JPG

こちらが、奥の小さな湖。手前右のウィードが薄くなっているところから、、、

DSC01545.JPG DSC01544.JPG 

こちらを通って、手前の大きな湖に水が流れ込んでくる。

そして、流れ込んだ先は、グラスカバーに覆われていて、、、

DSC01543.JPG

グラスでできた島やレイダウンが見える。

流れがあって、カバーがあって、ベイトフィッシュを追い込める。ここで釣れないわけが無い。

すると、、、、、

DSC01551.JPG

案の定、喰ってきました!ちょっと痩せてますが、素直なバスが多い。

ヒットルアーは、、、

DSC01559.JPG

ゲーリー・ヤマモト 5inc ヤマセンコー。ノーシンカーのフォール中にバイト。

女性やお子さんでも簡単に釣れるので、気軽に楽しめること間違いなし。

みなさんも、この『スゴイ・ロッジ』を満喫してみてはいかがでしょうか!?

【ツアー情報】 Gary YAMAMOTO『スゴイ・ロッジ』に泊まる!『レイク・フォーク』の旅(テキサス州ダラス郊外)