今回、皆様にご紹介したいのはココ!!

bassproshopscata.jpg

Bass Pro Shops バスプロショップス

アウトドア用品の巨大小売店。本社はミズーリ州スプリングフィールドに置き、全米で約70店舗以上をチェーン展開。 スポーツ用品販売業としては世界第3位の実績を誇る。

このバスプロショップス(以下BPS)の魅力を徹底解剖してみたい思います!!

DSC00942.JPG

訪れたのは、ルイジアナ州北西部のシュリーブポートにある、ボージャーシティ店。

巨大な外観は圧巻の一言。早速、中へ入ってみましょう!!

DSC00945.JPG

木の上からヒョウが狙っています。可愛いですネェ♪

DSC00946.JPG

こちらは『カスタマー・サービス・センター』商品やお店についての質問等を受け付けています。

また、フィッシングライセンスもこちらで購入できます。

DSC00982.JPG

店内は2階建てで、吹き抜けになっているため、開放感バツグン!!

内装やオブジェなど細部までこだわっており、見る人の目を楽しませてくれます。

DSC00951.JPG

まずは、バスフィッシングのタックルコーナーへ。

棚の上に並んでいるのは、なんと全てフィッシング・ロッド!!

その下に、ルアーやフックなどの小物が、キレイに並んでいます。

DSC00964.JPG

真ん中の柱辺りからがタックルコーナーですが、広すぎて画面に収まらない・・・。

コレ全部見るのに何時間かかるんだ!?(汗)

DSC00954.JPG

リールは、リールシートに装着されたままリーリングを確かめることができます。

また、カウンターにいる選任スタッフを呼んで質疑応答ができます。

DSC00953.JPG

200ドル以上の高級リールは、ショーケースに展示されていた。

メーカーは、ダイワ、シマノの日本製をはじめ、アブガルシア、クアンタム、自社商品が目立った。

DSC00956.JPG

ルアーコーナーには、日本では手に入りにくい商品も多い!!

そういう意味では、一番楽しいエリアかも知れません。

DSC01003.JPG

スピナーベイトやラバージグが無数に並びます。

その他、クランクベイト、ジャークベイト、トップウォーター、フロッグなどなど。

DSC00947.JPG

サングラス・コーナーの商品数に驚かされる。また、100ドル未満の低価格商品が目立つ。

こちらも、選任スタッフが対応してくれるので安心です。

DSC00958.JPG

バスボートやアルミボート、カヌーからプレジャーボートまでなんでも揃います。

日本のショップでは、ここまで気軽に拝めませんね~。うれしい!!




DSC01004.JPG

フライフィッシング・コーナーにも、専任スタッフがいて商品も充実。

DSC01005.JPG DSC01006.JPG

ロッドやタイイングセット、ベストなど・・・・・。

ココでお宝リールなんかが、手に入るとといいですねぇ!!

DSC00970.JPG

こちらはBPS名物の巨大水槽!レッドフィッシュ、ストライパー、キャットフィッシュなど。

アメリカで人気の魚種が一度に見られます。淡水の水族館って感じです。

DSC00997.JPG

また悠々と泳ぐBig Bassは圧巻・・・。一見の価値ありです!!

DSC00983.JPG

お次は2階へ。この水上飛行機、どうやって吊るしたの!?

DSC00965.JPG

デルタなどの湿地帯を駆け抜けるのに便利なエアーボート。

今にも動き出しそうなリアルさ。ワクワクします!!

DSC00967.JPG

キャンプコーナーでは、品数が半端じゃない。

商品の陳列ひとつにしても、こだわりが感じられます。購買意欲がそそられます。

DSC00966.JPG

アメリカでは、一家に一台のBBQコンロ。

休日は、自宅の庭で家族とリブやソーセージを焼いてバドワイザー飲むんだろな。いいなぁ~。

DSC00969.JPG

ハンティング・コーナーでは、日本ではお目に掛かれない商品が並んでます。

DSC00973.JPG

猟銃用のライフルが目の前に。迫力あります。

しかも、立派な鹿の剥製がいっぱい。これも、アメリカ文化の象徴です。

DSC00975.JPG

日本でアーチェーリーと聞けば、オリンピック種目のターゲット・アーチェリー。

しかし、アメリカではハンティング・アーチェリーが主流。いかに、デカイ相手を仕留めるか!?

DSC00976.JPG

品数の多さから、人気の高さが伺えます。映画『ランボー』で見たことあるな・・・。

DSC00980.JPG

ハンティングゲームも充実しています。

実践に近い雰囲気があって、見てるだけでもおもしろい。

DSC00968.JPG
こんなフード・コーナーを設けている店舗も珍しくない。

ママとお子さんは、ここでドリンクでも飲みながら、パパの帰りを待つことになる・・・。

DSC00985.JPG

最後は、1階のギフト・コーナーへ。

なんともアメリカンな雰囲気がプンプンとしてきます。

DSC00986.JPG

こちらラージやスモールマウスバスのレプリカ。今にも動き出しそうなリアルさ!!

こんなのが自宅のリビングにあったら、アングラー仲間に自慢できますね。

DSC00987.JPG

もちろん、クッキーやジャムなど日持ちするものもあります。

地元の特産品なんかも、絶対にチェックしましょう!!

DSC00988.JPG DSC00989.JPG

本格的なバスフィッシング・ゲームを発見!!

悪天候で釣りに出れない日はコレです。イメトレも必要ですね。

DSC01008.JPG DSC00991.JPG

その他にも、マグカップやぬいぐるみなど可愛いギフトがいっぱい。

バスプロ・ショップスのロゴは、いい意味でレッドネック的なファンションアイテムとして人気。

このロゴ入りの商品をお土産にすれば、まず間違いは無いでしょう!?

DSC01009.JPG

アングラーへのお土産は、やっぱりカタログ・ブック。

『こんなのがあったんだぞ~!!』と自慢してあげてください。

DSC00984.JPG

最後にバスプロ・ショップスは、アングラーの楽園であり、入場無料のエンターテイメントです。

店内をブラブラするだけでも、新しい発見に巡り合えます。アメリカに来たら必ず行きましょう♪♪

~ 完 ~