半日フィッシングを予定していたが、フィッシングガイドが捕まらず断念。

情報収集のため、ひとまずレッドリバー・サウス・マリーナ&リゾートへ向かった。


より大きな地図で レッドリバー(ブログ用) を表示

レッドリバー

 北はテキサス北西部からシュリーブポートを経由し、ルイジアナ州内のミシシッピリバーへと合流する。重要なファクターとして5つのロックダム(水門)があり、これらが開閉することによって全体の水深やメインチャネルのカレントに大きな影響を与える。
 フィールドのメインは、夏場を除いて基本バックウォーター。周囲の湿地が水没し、一体は無数のティンバーとレイダウンが折り重なっている。またメインリバーからの流れや濁りが避けられるため、特に春は絶好のスポーニングエリアになっている。

DSC00912.JPG 20042535_BG1.jpg
(C)Bassmster

16:00 視察の目的地、レッドリバー・サウス・マリーナ&リゾートに到着。

レッドリバーでも最大級のマリーナで、Bassmaster Classicのランチサイトとして利用された。

DSC00860.JPG DSC00876.JPG

まずは、視察交渉のためレセプションへ。

心強い女性スタッフ。優秀なフィッシングガイドをご紹介いただいた!!

DSC00879.JPG DSC00877.JPG

タックル類の他にも生活雑貨も揃う。

ドリンクやスナック類もバッチリ。ただし、アルコールは無し。

DSC00872.JPG

ショアラインは、ヒヤシンスなどのベジテーションが豊富。美しい緑が続く・・・。

DSC00853.JPG DSC00887.JPG

水の色は、タンニンを含んでおり、透き通ったコーラ色。

沖合いには、立ち木、レイダウンなどのウッド系カバーが見える。




DSC00908.JPG 

一度にボート4台を降ろせる、巨大なランチサイト。

DSC00852.JPG

ボートドッグを攻めるバスアングラーの姿が。

DSC00883.JPG DSC00871.JPG

ボートからのんびり釣りを楽しんでいるファミリー。

また、ブルーギルを狙っていた少年。今晩のおかずにするそうです。

DSC00866.JPG DSC00868.JPG

湖畔に面した可愛らしいキャビン。 

キャビン前に設置されているのは、なんとBBQコンロ!!

DSC00895.JPG

小さな牧場では、馬が飼われていた。癒されます・・・。

マリーナを視察をしていると気になることが。レストランがない、アルコールがない。

スタッフに確認してみると、『近くにお店があるから大丈夫よ!』

DSC00923.JPG

レッドリバー・サウス・トラベル・センターは、マリーナから徒歩10分。

ガソリンスタンドに併設された店内には、コンビニとファーストフード店がありました。

またスロットをメインにした小さなカジノもあり、夜の貴重な娯楽です。

DSC00925.JPG DSC00928.JPG

これで、充実したバスフィッシング&マリーナ生活を送れますね。

本場アメリカのバスフィッシングにどっぷり浸りたい方にオススメのフィールドです!!

【ツアー情報】レッド・リバーに挑む!ルイジアナ州シュリーブポートの旅

~ 完 ~