フロリダ州マイアミ郊外にある、世界有数のBig Bass Lake レイク・オキチョビへ。

IMG_3589.JPG

7:30 ローランド・マーティン・マリーナのボートドックに到着。

今回の釣行は、フィッシングガイドと一緒ではなく、、、、、

IMG_3591.JPG

このバスボートをレンタルして、1人でオキチョビに挑戦することにした。

アメリカでもバスボートをレンタルできる場所は限られており、

レイク・オキチョビに来たら必ずチャレンジしてみたいと、以前からそう考えていた。

IMG_3598.JPG

早速、スタッフから説明を聞いて、タックルを積み込む。

いよいよ、夢のオキチョビ単独釣行のスタートです!!

IMG_3601.JPG

さぁ、この巨大な水門をくぐるとオキチョビは目の前。

あぁ~ドキドキ・・・・・・

IMG_3637.JPG

8:30 ボートを東へ走らせ、最初に辿り着いたのがRitta Island。

アイランドと言っても、実際には人が住んでいるのではなく島一帯をベジテーションが覆っている。

IMG_3683.JPG

今回のメインタックルは、巻物用とフリップ用の2本。

まずはモーニングバイトを狙い、スイムベイトを広く巻いてみることにした。

IMG_3611.JPG

すると、一投目から5lbクラスがバイト!しかし、フックアウト。。。

その後、すぐに3lbオーバーのファーストフィッシュをキャッチし一安心。

IMG_3644.JPG

どうやらバスは、グラスのアウトサイドではなくインサイドについてる。

ボートポジションを変えて、グラス中の比較的薄いエリアを流していくと・・・

IMG_3671.JPG

またまたスイムベイトに5lbオーバーがバイト!!

水面を割る強烈なバイトには、大興奮してしまいました。

IMG_3768.JPG

11:00 日も上がり切り、巻物への反応が薄くなる。

ここでフリップロッドに持ち替えて、グラスを丁寧に打っていくことに。

IMG_3739.JPG

さきほどとは違い、水生植物の密集したエリアを狙う。

グラスに囲まれた、縦に伸びるチュールグラスの際にテキサスリグを入れると・・・




IMG_3688.JPG

この黄金に光り輝く、正真正銘のフロリダバス!!

グッドコンディションの7lbオーバーをキャッチ。

IMG_3716.JPG

そのファイト中のパワーは、琵琶湖の魚とは比べ物にならなかった。。。

ここオキチョビでは、一瞬でブチ抜くスピードとパワーが要求される。

IMG_3686.JPG

今回の使用タックルは、こちらの2本です。

(上)フリップ用
ロッド:BLACKART B79 Cover PE
リール:ジリオン TWS 9.1:1
ライン:スーパーPE 56lb
ルアー:ブラッシュホッグ
フック:Worm 321 #5/0
シンカー:TG Tungsten 3/4oz

(下)スイムベイト用
ロッド:BLACKART B5-74
リール:ジリオン TWS 6.3:1
ライン:シューター 20lb
ルアー:ライブマジックシャッド 5.5inc
フック:FLASHY SWIMMER #5/0 (Weight 1/4oz)

IMG_3797.JPG

13:00 次のスケジュールがあり、残念ながらここでタイムアップ。

いつかまた近いうちに戻ってくる事を誓った。

IMG_3808.JPG

ボートはストラトス 186XT、エンジンはEVINRUDE E-TEC 115 のセッティング。

まさかアメリカのレンタルボートで、ここまで快適なものが用意されているとは驚きだった。

IMG_3787.JPG

さぁ、皆さんも本場アメリカで自分の魚を探す旅へ出かけてみませんか!?

【ツアー情報】レイク・オキーチョビーに挑む!フロリダ州マイアミの旅

~ 完 ~